2016年3月29日火曜日

宮城催事記 その2

昨日をもって春のみやぎ展が終了しました。

ご来場を頂きました皆様には御礼申し上げます。

今回は「伝統と文化に学ぶ」をテーマにした品々を発表しました。

この品々を飾って40畳の和室に着物の空間を作り出す・・・大げさなようですが催事のたびに会場に合わせたアイディアを出して会場を作っています。

今回の会場はこんな具合でした!!

タイプの異なる付下と袋帯のコーディネート(左)
うちだのきものオリジナル品のコーナー(右)

ひとあし早い浴衣特集と夏物コーナー

礼装からしゃれものまで揃えた袋帯コーナー

産地紬や紬地に染色した品の特集コーナー
 
新作の和装小物コーナー

厳しい状況が続く業界ではありますが今回の催事では嬉しいこともありました。
こちらのお話はまた次回にでも。

0 件のコメント: